プロフィール

管理人のアイです。

小学生の長女と長男と暮らしています。1年前、学校の視力診断で、長女が左目だけC判定(0.3~0.6)という結果をもらってきました。

その半年前は、両目ともA判定でした。

「こんなに急に下がる?調子が悪かっただけかな?」と思っていました。

本人も「黒板は一番後ろの席でも見えている」と言うので、様子を見ていましたが、半年後も左目だけC判定のため、眼下を受診しました。そして眼科で言われたのが

「両目とも0.5です」

片目だけでなく、実際は両目とも視力が低下していたのです。親の私が本人よりもショックでした。ただ、眼科医から言われた言葉は

「本人がメガネをかける気がないなら、作らなくていい。作ってもかけないから、もったいないし作らなくていいよ。」

と言われました。この言葉は私の小学生時代の行動から、納得できるものでした。私自身がメガネ歴30年以上ありますが、小学生の頃はどうしても見えないとき以外、かけていませんでした。

ただ

「半年後、学校の視力検査の結果でメガネを作るか考えましょう」と眼科医に言われました。このときに、

なんとかメガネをかけずに済む方法はないのか?!

視力は回復しないのか?!

と、視力を回復する方法を探し始めました。

 

視力が悪いことによって起こる、不利益を身をもって感じているので、できれば子供には同じ思いをさせたくないです。

ましてや自分の遺伝が原因で視力が低下していたら・・・と思うと、子供に申し訳ないと思ってしまいました。そして視力が回復できるなら実践してみよう!と、子供と共に視力回復に向けて日々試行錯誤、目にいいことを探しています。

このサイトでは、視力の回復のトレーニングや得た知識、実践した方法などを紹介していきます。

私と同じように、子供の視力を回復したい、自分の視力を回復したいと願っている方の参考になれば幸いです。