目の見え方は日や時間によって違う!視力が一番いいときは?

目の見え方は一定ではありません。
しかも時間によっても見え方が変わっているという
自覚は皆さんありますか?

だいたいこのくらいは見えているなと思っていても、それが
見える時間と見えない時間があったりします。

今回は視力がいい時間帯について、お話しします。

視力が一番いいときは? 朝~午前中

起床後、普通はちゃんと睡眠がとれていれば、
眠くても目はしっかり休めています。
なので、朝は文字などもしっかり見える!という方が多いと思います。

体の疲れと一緒で、目もちゃんと休んでいれば目の状態もいいわけです。

しかし夜更かしして睡眠不足だったり、寝る直前までスマホをいじっていたなど、
目が休まっていないときは、見えにくい日もあります。

コンタクトレンズを使っている方は分かると思いますが、寝不足の時って
コンタクトが入りずらいんです。コンタクトレンズを外している時間が短い
ので、目が悲鳴を上げているような感覚です。こういう状態だと朝でも
たとえコンタクトレンズをつけても見えにくかったりします。

視力が一番いいときは? 昼から15時くらい

昼間は明るさもあるので、見えやすいには見えやすい時間帯です。
ただ、デスクワークや細かな作業を朝からしているようなお仕事の方は、
朝より目の疲れを感じやすくなる方も増えます。

オフィスが乾燥しているという会社も多いので、目も乾燥を感じやすいという
方もいるかもしれません。管理人も事務職でずっとパソコンに向かっていて、
気づくとコンタクトレンズが乾いて外れたことがあるほどです。
午前中は目薬は必要なくても、午後は目薬が欲しいなと思うことがよくありました。

途中で遠くを眺めたり、目を休めたりしないと疲れがたまってきやすい時間帯です。

視力が一番いいときは? 夕方から夜

夜は言わずとも明るさが少ないので、当然見えにくくなります。
夕方も明るいですが、見えにくさを感じる時間帯です。

車を運転される場合、気をつけたいのがこの夕方と夜です。
視界が悪くなって見えにくくなる上、目の疲れもあるので、
事故が起こりやすくなります。

車の運転で言うと、夜の運転は本当に慣れないと怖いです。
普段走っている道でも、こんなにも昼間と違うのか、と感じるほど
見えにくくなります。ちなみに管理人が住む地域では、場所によっては
街灯がない道もけっこうあるのですが、車のヘッドライトだけで
照らす前方は、視界が悪いなんてものではないです。

真っ暗なので、当然よく見えるわけがないんです!!

なので、シカが飛び出して当たった、狸に当たった、なんてこともあります。
真っ暗な中、飛び出されたり道路に座っていても、見えないんです・・・。

都会だと、夜でも明るいので、そこまで見えにくさは感じないかもしれませんが、
仕事で酷使して目も疲れているので、見えにくさは出やすいです。

視力が一番いいときは? 就寝前

一日、目も酷使してお疲れの状態です。
ただ家に帰ってもスマホをいじったり、テレビを見たりと、
まだ目を使うことをしてしまうことも多いと思います。

寝る前にお風呂に入って目も温めると、目の血行も
よくなるし、リラックスも出来るのでおすすめです。

また、蒸しタオルや目を温めるグッズなどで、目の疲れを取ってあげると
翌朝、目の疲れも取れて、すっきり視界良好!になりやすくなります。

できれば寝るまでスマホをするのは目にも睡眠にもよくないので、
短い時間で済ませることを心掛けるのがおすすめです。

まとめ

目の状態は、1日の中でも変わります。朝でも見えないとなると
視力が下がっている、疲れが取れていないなど、目の状態が
良くないことになります。朝の自分の状態をチェックして、目の状態にも
いち早く気づけるようにしましょう。

 

コメントを残す