近視・遠視・乱視ってどう見えるの?

眼科で検査をしてもらったときに、

「あなたは近視です。」

「乱視が入っていますね。」

などと言われたことがある方もいると思います。
実際どういった見え方をしているときに言われるのでしょうか。

水晶体の屈折の異常の違いで異なる

私たちの目は、カメラのレンズのような働きをしています。
水晶体が厚みを調節してくれることによって、
遠くも近くもピントが合わせられます。

しかし、そのピント調節が上手くできていない場合、
近視や遠視と言われてしまうのです。
本来は眼底にピントが合うものなのですが、

眼底より前にピントが合っている場合を近視

眼底より後ろにピントが合っている場合を遠視

どこにもピントが合っていない場合を乱視

と言います。
写真で言うと、ピンボケの状態になってしまっているのです。
そのピンボケの仕方も、

近視は目の前のもののピントは合っているけど、背景のものはぶれている。

遠視は背景にはピントが合っているが、手前のものはぶれている。

乱視は写真全体がぶれている。

と言えます。
ちなみに「老眼も屈折異常なの?」と思ってしまいそうですが、
老眼は水晶体の老化現象になり、屈折異常ではなく、調節異常になります。

遠視の場合は目がよい?

近視は近くが見えて、遠くは見えないので分かりやすいですが、
遠視は遠くが見えるなら目がよさそう!と思う方もいるかもしれません。

しかし、実際はピントを遠くの方が合わせやすいということで、
目がいいわけではないんです。遠くを見るときにも目の調節機能を使い、
近くを見るときの方がさらにピントを合わせるのに目を使う、
というのが遠視です。調整をたくさんするので、目の負担も大きくなります。

乱視は近くも遠くも見えにくい

乱視の方のあるあるなのですが、「月を見上げていくつ見える?」と
聞いた時に「2つ(以上)」と答えたら間違いなく乱視です。
正確には2つが一部重なって見える感じなのですが、遠くても近くても
ダブって見えるため、とても見えにくく疲れます。

視力検査のランドルト環は、空いている方向が写真のように分かりにくくなります。メガネで乱視矯正をすると、見えにくさはなくなります。
コンタクトレンズでも乱視用がありますので、乱視がひどい方にはおすすめです。

正確には3種類の屈折異常だけではない

目が悪いと言われたときに、近視・遠視・乱視がよく耳にする
見え方だと思いますが、まだこれ以外にもあるんです。

「近視性乱視」と「遠視性乱視」があります。

この言葉の組み合わせでお察しいただける方も多いと思いますが、
近視と乱視の両方の症状があるのが「近視性乱視」
遠視と乱視の両方の症状があるのが「遠視性乱視」
です。

ちなみに管理人アイはこの「近視性乱視」です。
子供のころから近視性乱視でしたので、何とか見える近くのものでも
裸眼では二重・・・というかぶれてみるため、見えているけど見えていない。
そんな状態ですので、見るのが疲れるんです。

管理人場合ですが、目の痛みなどはあまり感じませんが、
時々ですが、極度の頭痛がします。そういう時は、目が疲れてるよと
言っていると思って、早めにパソコンを切り上げたりするようにしています。

見え方以外にも影響が出てくる可能性もありますので、
眼科へ受診・相談をおすすめします。

まとめ

視力が低下してきたなと感じたら、自分がどう見えないのか?
ということを正しく理解しましょう。
自分の状態を把握することによって、今後必要な対応も分かりやすくなります。

 

 

コメントを残す